社長が変われば会社が変わる | ランチェスター経営戦略 東京社長塾

トップ教材販売 > 社長が変われば会社が変わる

教材販売

教材販売 一覧へ

この教材を購入いただいた方には、「東京経営戦略ジム」を半額で受講していただけます。

東京経営戦略ジムについてはこちらをご覧ください

  • この教材の対象者:初心者
  • サンプルムービー
  • 015
  • 015
  • 015

社長が変われば会社が変わる

自分と会社に革新を加えたい経営者へ

  • 内容:CD 2枚
  • 価格:¥7,560
  • 支払い方法:前払い(銀行振込)入金を確認次第商品発送
  • 送料:無料
  • 数量

  • 内容紹介
  • 社長として身につけるべき能力を思いきり高め、従業員や取引先の人から注目される立派な社長になってみたいと思っているが、これまで体系的な勉強はしてこなかった。しかし将来のことも考え、ここら当りで本気で経営戦略の研究に取り組んでみたい、という社長様のために制作したのが、この教材です。内容は辛口で、しかもグサッとくるところもありますが、事実を包み隠さず説明していきますから、経営熱心な社長には必ず役に立つはずです。
     
    身を入れて経営戦略の研究に取り組むにはまず初めに、業績の何割が「社長1人の戦略実力」で決まるか、従業員10人迄、30人迄、そして100人迄、と規模別にはっきりと計算しておく必要があります。これは従業員に知られたくないデータですが、本気で自分を強くしたいという決心を固めるには欠かせない作業になります。
     
    社長の戦略実力を高めるには次に「何と何を研究すべきか」研究すべきテーマをはっきり決めなければなりません。もしこうせずに思いつきで研究をはじめると、あれこれと分散し、大切な時間と大切なお金が無駄になってしまいます。私は「科学的問題解決法」を利用して、経営を構成する8大要因をはっきりさせることに成功しました。この8大要因が社長の研究テーマになるのです。
     
    研究テーマが決まったあと、次はどういう方法で研究すると最も効果的に実力が高まるか、学習方法もはっきりさせる必要があります。これには250年前、ベンジャミン・フランクリンが考え出した「フランクリンの学習システム」が最も有効です。この学習システムは「弱者の戦略ルール」とも完全に一致しますから、これに従って学習を続けると、予想以上に早い速度で戦略実力が身につきます。
  • テキストの内容や表紙は改訂される場合がございますので、画像は一部実物と異なる場合がございます。

ページトップに戻る