組織戦略 | ランチェスター経営戦略 東京社長塾

トップ教材販売 > 組織戦略

教材販売

教材販売 一覧へ

この教材を購入いただいた方には、「東京経営戦略ジム」を1回無料 で受講していただけます。

東京経営戦略ジムについてはこちらをご覧ください

  • サンプルムービー
  • 025
  • 025
  • 025
  • <組織戦略 CD 目次 >

    第1章 仕事に対する人の配分
    1.強者の戦略と弱者の戦略
    2.仕事に対する人の配分を決める
    3.卸売業における人の配分
    4.鳥の羽が教える人の配分比率
    a.業歴が古い会社の場合
    b.業歴が10年以内の場合
    5.製造業における人の配分比率
    6.小売業と飲食業の配分比率
    7.人件費によって人の配分比率を決める
    8.仕事に合わせて人を再配分する
    9.目標には必勝の人数を投入する
    10.経理作業における人の配分
    11.営業サービスの人員を増やす

    第2章 仕事に対する役割の決め方
    1.チームリーダーの決め方
    2.経営における組織の階層
    3.情報伝達の速度は組織階層の2乗に逆比例
    4.リーダーの選び方と役割の決め方
    5.リーダーと部下の組み合わせ
    6.5年に1度はリーダーを変える
    7.今迄にない仕事を始めるときは積極的な人を選ぶ

    第3章 従業員教育の進め方
    1.教育効果の公式をはっきりさせる
    2.これまでのやり方では教育効果は出ない
    3.弱者の教育原則を押さえ直す
    4.社長がインストラクターになれば解決する

    第4章 従業員の採用の仕方
    1.社長の事業に対する思いと将来計画を話す
    2.能力の種類をはっきりさせる
    3.仕事の実績能力をチェックする
    4.人間力と人間性能力をチェックする
    5.時間能力をチェックする
    6.仕事に対する知識能力と技術能力をチェックする
    7.新卒者を採用するときのチェックポイント

    第5章 賃金制度など処遇の決め方
    1.就業規則と業務規則集
    2.昇進制度の決め方
    3.賃金制度を決めるときの2大要因
    4.同一労働同一賃金
    5.実力主義や成果主義の賃金制度
    6.複雑な賃金制度のマイナス面
    7.販売手当の出し方
    8.勤務年数別の賃金制度
    9.従業員持株制度は役に立たない

新フルライン教材

組織戦略

組織を大きくしたいとお考えの経営者へ

  • 内容:CD 4枚
  • 価格:¥49,680
  • 支払い方法:前払い(銀行振込)入金を確認次第商品発送
  • 送料:無料
  • 数量

  • 内容紹介
  • あなたの会社、組織の活力が落ちて競争力が弱っていませんか?
     
    会社の7割が赤字になるという厳しい状況の中、活力がある組織を作って業績を良くするには、思い切った見直しが必要になっています。このために作ったのが、この教材です。内容はランチェスター法則による「弱者の戦略原則」を組織作りに応用したもので、しかも従業員100人以下の会社に焦点を当てて作っていますから、とても分かりやすくなっています。
     
    活力のある組織作りの第1は、仕事に対する人員配分の見直しになります。業績を良くするには、まず従業員1人当たりの粗利益を多くしなければなりません。それを多くするには「直接粗利益を稼ぎ出す仕事」に、より多くの人や、仕事ができる人を優先して配置しなければなりません。そのためには経理や管理など、内部の仕事を思い切って簡素化して人数を少なくします。この2つは戦略原則の比率に従い、人件費ベースで配分するととても効率が良い組織ができます。 
     
    活力ある組織作りの第2は、役割分担の見直しになります。役割分担は従業員の人数で自動的に決まりますから、「過去の事情」を捨てて、現在の人員に合わせて決めるべきです。特に社長の守備範囲はとても広く、しかもウエイトが高いですから、社長の役割から見直さなければなりません。もし社長の役割が狂うとすべてが狂うばかりか、組織の効率がひどく悪くなります。
     
    活力ある組織作りの第3は、従業員教育になります。従業員教育の1番目は、各人がどれぐらい会社に貢献しているか、貢献度合を分かりやすく教えることになります。これには、従業員一人当たりの年間純利益と、人件費に対する純利益率の2つがとても有効です。従業員教育の2番目は、社長の経営方針を初めとして、経営で最も大事な仕事はどれとどれになり、これらに対してどう行動してもらいたいか、社長の考えを直接従業員に伝えることになります。こう説明すると中には「何年も会社にいるのだから、経営方針は皆分かっているはずだ」と考える社長もいるはずです。しかし経営の大事なところはとても分かりにくいですから、繰り返し何回も説明する必要があるのです。従業員教育の3番目は、各人の技能や質を高めてもらうことになります。各人の技能や質を高めるには、まず技能や質を構成している「仕事の種類」をはっきりさせ、次はこれらのウエイト付をしなければなりません。従業員教育の4番目は、自社の経営規模と仕事の内容に合ったビデオやDVDなど、教材の購入になります。そしてこの教材を使って社内で研修会を開くのです。社内研修会の進め方は、まずビデオを15分~20分見たあと、大事なところで一旦止めます。そのあと社長が各人の意見を聞きながら「ここはこうしてもらいたい」と、社長の方針を伝えるのです。こうすると社長の考えがよく理解してもらえるばかりか、各人に共通意識が出てきますから、質が早く向上します。
     
    これが従業員100人以下の会社の正しい従業員教育の方法になり、1,000人以上の大会社とは全く違っていますから、大会社とは違った教育の仕方をしなければなりません。このように、人の正しい配分の仕方、規模に合った正しい役割分担、従業員教育の進め方など組織作りの大事なところを、従業員100人以下の規模に焦点を当て、分かりやすく説明しているのがこの教材です。内容は辛口になっていますが、必ず役に立ちます。
  • テキストの内容や表紙は改訂される場合がございますので、画像は一部実物と異なる場合がございます。

ページトップに戻る