リーダーシップ | ランチェスター経営戦略 東京社長塾

トップ教材販売 > リーダーシップ

教材販売

教材販売 一覧へ

この教材を購入いただいた方には、「東京経営戦略ジム」を1回無料 で受講していただけます。

東京経営戦略ジムについてはこちらをご覧ください

  • サンプルムービー
  • 028
  • 028
  • 028
  • <リーダーシップ CD 目次 >

    1章 上司に左右される新人の能力開発
    1.生産性の上がるリーダーと部下の関係
    2.実力の逆転現象は部下を不幸にする
    3.逆転型のトラブル企業
    4.プロを目指すのは社長であって従業員ではない
    5.均衡する商品の実力と従業員り実力

    2章 PMリーダーシップ理論
    1.PMリーダーシップ論はどうして生まれたか
    2.PとMのチェックリスト
    3.リーダーの四つのタイプ
    4.P機能よりM機能がなぜ優先するのか
    5.機関車が先か運転手が先か
    6.仕事中心になりすぎるとなぜ生産性が低下するのか
    7.リーダーの実力で変化する給料の満足度
    8.成功した造船所と失敗した国鉄

    3章 人間関係能力の高め方
    1.朝の挨拶は社長が先にする
    2.従業員の良いところや良い仕事をしたらほめる
    3.従業員の人生に関心を示す
    4.従業員の意見を聞く
    5.従業員を公平に扱う
    6.社長は公私混同せず、自分を例外にしない
    7.文句を言うときは原因をはっきり指摘する
    8.「ゲタ・ゾウリ議論」をぶっかけない
    9.従業員との約束を破らない、従業員をだまさない

    4章 行動遂行能力を高める
    1.社長は自分の願望開発に力を入れる
    2.自分の会社の現状を正しくつかむ
    3.会社の将来像をはっきりさせる
    4.経営の目的をはっきりさせる
    5.経営の要点をはっきりさせる
    6.戦略知識を身につける
    7.経営方針書と実行計画書を作る
    8.従業員教育に取り組む
    9.経営に必要な情報を集める
    10.働く時間を長くする
    11.自己革新能力を身につける
    12.「ポアソン分布」に打ち負かされない
    13.初めて起こった大きなトラブルには社長が率先して取り組む

新フルライン教材

リーダーシップ

部下を率いる方へ

  • 内容:CD 3枚
  • 価格:¥38,880
  • 支払い方法:前払い(銀行振込)入金を確認次第商品発送
  • 送料:無料
  • 数量

  • 内容紹介
  • 実際に経営をすると、人の使い方や人の動かし方で思い通りにならず、悩むことがとても多くなります。このとき必要になるのがリーダーシップです。リーダーシップについては、アメリカから入ってきたものを初めとしていくつもの方法が紹介され、実態はかなり混乱した状態になっています。その中で、九州大学の教授をしていた「三隅先生」が開発したPMリーダーシップが、日本の中小企業の社長には最もよく合っています。それには次のような事情があるからです。
     
    三隅先生は、リーダーの実力を高めるには、リーダーシップの「中心的な構成要因」をはっきりさせるべきだと考え、九州内にある何社もの会社に出かけて行きました。まず、実績が上がっている優秀なリーダーに面会し、「実際にどうしているか」について聞き取り調査をし、そのデータを集めました。次は、作業現場で仕事をしている多くの人にも面会し、「どういうときには仕事にヤル気が出て、どういうときには仕事にヤル気がでないのか」についても聞き取り調査をしたのです。その結果、350もの項目が出てきたそうです。
     
    そのあと「カード法」を使い、項目の整理を続けました。その時に出てきたのが、2つの大きな要因だったのです。1つ目の要因は、「職務遂行能力」で、これをP機能と名付けました。2つ目の要因は「人間関係維持能力」で、これをM機能と名付けたのがPMリーダーシップの始まりです。さらに、PとMの大事な要因を「10項目」づつまとめ、この項目を高めればリーダーの実力が高まるはずだと考えました。しかしこれはまだ仮設ですから、確信を得るには検証の作業が必要になります。
     
    検証作業は、まず10項目づつのチェックリストをもとにいろんな会社でリーダーの教育・訓練をしました。そのあと、実際にチームの業績が高まったかどうか確かめたのです。その結果、生産の増加、不良品の減少、事故の減少など、はっきりとした成果が見られました。三隅先生の立派なところは、このような検証作業をきちんとしたことにあります。
     
    しかし職務遂行能力の項目内用は作業現場の監督者用になっていて、中小企業の社長用としては使えないところがありました。そこで従業員100人以下の社長用として役目を編集し直し、更にランチェスター弱者の戦略ルールも追加して、応用しやすくしたのがこの教材です。リーダーとしての実力向上を考えている社長用としては最適な教材です。
  • テキストの内容や表紙は改訂される場合がございますので、画像は一部実物と異なる場合がございます。

ページトップに戻る