顧客戦略 | ランチェスター経営戦略 東京社長塾

トップ教材販売 > 顧客戦略

教材販売

教材販売 一覧へ

この教材を購入いただいた方には、「東京経営戦略ジム」を1回無料 で受講していただけます。

東京経営戦略ジムについてはこちらをご覧ください

  • サンプルムービー
  • 037
  • 037
  • 037
  • <顧客戦略DVDの目次 >

    第1章 経営の基本原則
    1.経営の全体構造を押さえる
    2.経営を構成する中心的な要因とウエイト付
    3.経営で最も経費がいるのは新しいお客を作り出す仕事
    4.顧客対応の実行手順をはっきりさせる

    第2章 お客に対して不便をかけない
    1.名刺は単なるミニカタログ
    2.封筒もミニカタログと考える
    3.電話の取り方は大会社のマネをしない
    4.FAXの使用中は少なくする

    第3章 お客から好かれて気に入られるようにする
    1.商品の注文にはお礼のFAXやお礼のメールを入れる
    2.お礼のはがきアンケート
    3.なぜお礼のはがきを出さないのか

    第4章 お客の仕事に協力して喜ばれるようにする
    1.お客の情報収集に力を入れる
    2.お客の仕事に役立つ協力をする
    3.報いを求めない奉仕の心が必要

    第5章 業務規則集作りと従業員教育
    1.経営ではお客活動が最も重要な仕事になる
    2.就業規則と業務規則の違い
    3.業務規則集の作り方
    4.実行に必要な印刷物や備品類を用意する
    5.販売サービス担当の女子従業員を置く
    6.従業員教育に力を入れる
    7.いつも2位か3位にある従業員教育
    8.顧客対応がどうなるかは全て社長の考えと行いで決まる

新フルライン教材

顧客戦略

顧客維持に苦労している経営者へ

  • 内容:DVD 6枚
  • 価格:¥91,800
  • 支払い方法:前払い(銀行振込)入金を確認次第商品発送
  • 送料:無料
  • 数量

  • 内容紹介
  • 会社と呼ばれる組織体は、粗利益によって生きています。人件費はもちろんのこと、借入金の返済ですら粗利益の中から支払われています。その粗利益はお客からしか出ません。しかも商品をどこの会社から買うかの決定権は、お客が100%持っています。これらの事実から会社でされる仕事の中で「最も価値が高い仕事」はお客を作り出し、作ったお客を維持する「お客活動」であることが解かります。厳しい経済環境が続く中、経営を維持するにはまず現在取引があるお客を失わないようにすることが最優先で、そのためには「顧客対応能力」を競争相手よりも高めなければなりません。
     
    その第1段階は、お客に対して不便をかけないことになり、これは初級クラスの顧客対応になります。お客は2度手間がかかるような不便をとても嫌うので、お客に不便をかけないようにするのはとても大事になります。ところがこの段階で問題がある会社がとても多くなっています。これを改善するには、まず名刺、封筒、電話の受け方など、お客と直接接触するところを総点検し、問題点があったら直ちに改めます。
     
    第2段階は、お客から好かれて気に入られるようにすることで、これは中級クラスの顧客対応になります。中級クラスとはお客から商品の注文があったらお礼のFAXやお礼のメールを入れるなど、お客に対して感謝と報告・連絡を実行することになります。これは簡単なように思えますが、実行している会社はわずか2%~4%しかありません。
     
    第3段階は、お客が思っていること以上のサービスを実行し、お客から喜ばれたり感謝されることになり、これは上級クラスの顧客対応になります。これを実行するのはとても難しいのですが、これが実行できるようになると、お客の流出率が減少した上にお客の紹介が多くなるので、業績の向上にとても役立ちます。
     
    これらを実行してお客の評判で地元No.1になるには、まず顧客対応のやり方をまとめた業務規則集を作ります。次は、この業務規則集を使って従業員を教育したり訓練することになります。こうすると差別化力がある顧客対応ができるようになるので、お客の評判で地元No.1になることができるのです。
  • テキストの内容や表紙は改訂される場合がございますので、画像は一部実物と異なる場合がございます。

ページトップに戻る